新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

佐藤伸夫さんとのコンサート2 

 

IMG_3411.jpg

11月30日に柏崎市の国立病院機構新潟病院にて、画家の佐藤伸夫さんとのコラボレーションのコンサートを行わせていただきました。(コンサートの様子はこちらから御覧ください→過去記事へ戻る
伸夫さんが会場に展示してくださった2点の作品については、先のコンサートの記事でも少しご紹介させていただきましたが、伸夫さんご自身が書いてくださった解説文がありますので、ご紹介させていただきたいと思います。

<佐藤伸夫さんによる作品の解説> 


ここにある絵は、今年作業療法でOTさんのサポートを得て描いた絵です。
◇題名「明日」(左の作品)。
9月に柏崎市文化会館アルフォーレで行われた「二人三脚展」のテーマ「今日も描く、明日へ希望をつなげよう」をもとに描きました。画面上に共作へ参加した三人が選んだ、緑色の円形はアイト君、黄色の縦向き長方形は兄、赤色の横向き長方形は私と、テーマに思いを込めました。
全体の青色は海なのか草原かは自由です。また図形で、緑色は地球か?黄色は太陽か?赤色は人間か?それ以外に一人一人が柔軟に何にしようか連想をしてみると、楽しい明日が来ることでしょう。
今日がちゃんと生きられれば明日もちゃんと生きられる。
◇題名「命」(右の作品)。
肺炎で人工呼吸器を付けるために気切手術後、カーテン越しに朝日の光線が綺麗で、絵を再開したら描きたいと思っていた。横に伸びる線は、空や海や山、そして風や雲や光。丸は、鼓動する私自身。
みんな頼りなさそうな、あやうい線を、束ね力としたかった。イメージは見えないものを具現化し私の心の世界です。
皆さんにもある、心の世界を大切にしてください。


以上、佐藤伸夫さんによる解説でした。
この解説は、コンサート冒頭に会場のお客様にご紹介させていただきました。
この度のコンサートの中心となる作品です。

この2点の作品は、いつもは病院内にある、佐藤伸夫さんの美術館に展示されているものです。

コンサート終了後、楽しみにしていた、その美術館を訪問させていただきました。
IMG_3250.jpg

病院内の3室に、佐藤伸夫さんの作品が展示されています。
IMG_3371.jpg
伸夫さんの今日までの絵の歴史。
たくさんの絵と、書も!非常に見ごたえのある作品群です。
私は絵を鑑賞させていただくのが大好きなので、自分が何をしにここに来たのかをすっかり忘れてしまうほど、夢中になって拝見しました。演奏した疲れなどたちまち何処かへ行ってしまいました。
IMG_3242.jpg
ひきこまれるように見ています。


こちらは伸夫さんのお兄様、佐藤恒夫さんの作品の一角。
すばらしいアーティスト兄弟でいらっしゃいます。
IMG_3382.jpg

病院の中にいるのを忘れてしまうような、見ごたえのある作品と、赤い壁。
日本でこういう色の壁の美術館はあまりない気がしますが、ウィーンの美術史美術館を思い出す壁の色でした。
素敵な美術館でした。心に残るものを拝見させていただきました。

伸夫さん、
ありがとうございました。

category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

クリスマスリース 

 

IMG_3690.jpg
クリスマスが近づいてきました。

生徒さんから、リースの材料の庭木の枝をたくさん分けていただいたので、リースを作ってみました。

IMG_3691.jpg

まず円く並べて。
ヒバの枝は初めから少しカーブしているので、並べやすかったです。

IMG_3692.jpg

紐で何箇所か結んで止めた後、紐をくるくる巻いて形を安定させてみました。
針金を使うと、捨てるときに分別しないとなので、あえて紐のみで固定。

IMG_3693.jpg
柊もつけて。
もっと色々つけるつもりでしたが、このくらいシンプルなのもいいかもという気がしてきました。

部屋も手も清々しい木の香りがして、いい感じです。

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

佐藤伸夫さんとのコンサート 

 

IMG_3302 (1)


11月30日木曜日。
柏崎市の国立病院機構新潟病院にて、
画家の佐藤伸夫さんと計画していたコンサートを、開催させて頂きました。

伸夫さんとの出会いは5年前。
長岡の画廊で行われた伸夫さんの個展「海と海の顔」の際に、会場の作品の前で演奏させて頂く機会がありました。
深い青い色の絵が四方の壁に展示された会場に立った時、一枚一枚の絵は大きなものではないのに、本当に海を見渡しているような不思議な感じがしました。

その絵の印象と、伸夫さんという人の印象、
どちらも強く心に残り、いつかまた伸夫さんの絵の前で弾いてみたい、
と思っていました。

その念願が叶って、伸夫さんと新潟病院のご協力により、
コンサートができることになりました。

このコンサートの会場に伸夫さんが選んで展示してくださった2点の絵画作品は、
「明日」と「命」という題名でした。

「明日」は、伸夫さんと、伸夫さんのお兄さん、アイト君という子どもさんの3人の共作の作品。
テーマへの3人の思いが込められています。

「命」は、手術から目覚められた伸夫さんの目に映った光、自然、そして鼓動する伸夫さん自身を表現されたという作品です。


20171202220717715.jpeg

コンサートをお聞きくださったお客様、新潟病院の皆様、
ありがとうございました。

会場に展示された2点の作品の、佐藤伸夫さんによる解説文と、
病院内の「佐藤伸夫美術館」の訪問の様子は→こちらの記事に続きます


category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

新内節 「岡本宮之助をきく会」のこと 

 

新内公演2017_1 (2)


「新内節(しんないぶし)岡本宮之助をきく会」

出演 浄瑠璃:岡本宮之助 
   三味線:鶴賀喜代寿郎 
   上調子:岡本文之助

11月25日(土曜日)に、新潟市の「砂丘館」で開催されるこの会の、
準備のお手伝いをさせていただいています。

二回公演で、
演目は下記の通りです。

<第一回>13:30〜15:00
新内流し
明烏(古典曲)
滝の白糸(泉鏡花『義血侠血』より)*
むじな(ラフカディオ・ハーン=小泉八雲 原作)*

<第二回>16:30〜18:00
新内流し
蘭蝶・虫づくし(古典曲)
十三夜(樋口一葉 原作)*

(*は岡本文弥作品)


時代劇で、三味線を弾きながら夜の花街を流す「新内流し」の姿を見たことがある人は、少なくないと思います。
しかし、あの「流し」の人たちがどんな芸能をやる人なのかをご存知ですか?
私は知りませんでした。
三味線を弾きながら歌を歌うのだろうと思っていたのですが、それは間違いでした。

「新内」は、三味線の伴奏で、物語を「語る」芸能なのです。

三味線を弾きながら街頭を流して、声がかかれば、お座敷に上がって物語を語ったというのです。
なんと心豊かな、驚きの江戸ワールド!
どんなものを当時の人が好んで聞いたのかは、この度演奏される古典曲で体験することができます。

岡本文弥作品では、現代の私たちにも馴染みのある、小泉八雲、泉鏡花、樋口一葉の原作が語られます。

さて、江戸の人達と同じように、私たちも、その「語り」を楽しめるでしょうか?


お申し込み、お問い合わせは
砂丘館(さきゅうかん) 025−222−2676

まで、お願いいたします。










category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

砂丘館 

 



新潟市のアートの殿堂の1つが、ここ「砂丘館」です。

今まであまりおじゃまする機会がなかったこちらですが、この度、
11月25日に開催される「新内節(しんないぶし)岡本宮之助をきく会」の準備のお手伝いで、最近度々足を運ばせていただいています。

バイオリン専門の私が、邦楽の公演のお手伝いをしているのは不思議な感じに思われるかもしれませんが、岡本先生は
私の妹がお習いしている師匠というご縁です。
そればかりではなくて、実は私も10代の学生時代から30代にかけて、邦楽の薩摩琵琶を習っていたことがありまして、自分としても邦楽は全く縁のない分野では無いと感じています。

20171029124326779.jpeg

新内節は、江戸時代発祥の粋な古典芸能。
砂丘館の日本家屋での開催は、コンサートホールで聞くのとは一味違って、この芸能本来の風情が楽しめるものだと思います。
古典芸能がお好きな方に、是非おいでいただきたいなと思っています。

講演の詳細は、次回の投稿でご紹介させていただきます。

20171029124655660.jpeg








category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top