新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

剪定 

 

P1072373.jpg

お日様の温かい午後だったので、玄関先のバラの鉢植えの剪定をやってしまいました。
例年は、寒い雪の中の作業なのに、今年は楽で助かります。

バラは枯れた枝が多く、ところどころカイガラムシも付いていて、昨年の夏の暑さでだいぶ弱ったのがよく分かる状態でした。

今年は木の力を回復させつつ、ひかえめに花を楽しませてもらいたいなと思います。
開花は4月の末から5月ごろです。

下の写真は作業前、ボサボサです。
寒さが厳しくならないので、まだ葉っぱがたくさん残っていました。
休眠をさせるためには、葉っぱは取ってしまった方がいいとのことなので、思い切って剪定しました。

P1072343.jpg



category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

新年のごあいさつ 

 

PC312317.jpg

2019年 あけましておめでとうございます

いつも、どこかから音楽が聞こえている教室も、今は静かに新しい年を迎えています。
今年も、たくさんの美しい音が、この教室から生まれますように。
あたたかな笑顔と、笑い声が満ちますように。

そう願いまして、新年のごあいさつといたします。
今年もよろしくお願いいたします。

高橋育世


category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

りんご 

 

PC272237.jpg

庭のクラブアップル(小さい観賞用のりんご)。
今年はたくさん成りましたが、夏の暑さ、度々の台風で、ほとんど落ちてしまいました。

ところが、ほんの数個だけ、しかも成りそこないのようなとても小さい果実が、この季節まで枝に残っていました。
赤の色がひときわ印象的。

写真は下のものが自然の色。上は赤以外の色をモノトーンにしてみたものです。


PC272233.jpg

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

教室のクリスマスツリー 

 

PC192145.jpg

新潟教室の玄関に、今年もクリスマスツリーを出しました。

教室が出来てすぐに飾り始めたので、教室とともにすでに20年ほどの歴史を刻んできたツリーです。

当時一番小さい生徒さんだった幼稚園児の女の子から頂いた「先生より大きくないと木じゃない」という素晴らしいアドバイスを参考にして購入したこのツリーは、私より一回り大きいものです。

おかげで、今でも小さい生徒さんたちは「大きいツリーだ!」と喜んでくださいます。
このツリーを見るたびに、良いアドバイスをしてくれたあの女の子を思い出します。

飾り付けは、レッスンにいらした子供の生徒さんたちにちょっとずつやっていただくのが恒例となっています。
幼稚園のお子さんは頑張って背伸びしても真ん中くらいまで、大きい生徒さんはその上の方につけてくださって、子供さんたちの飾り付けのセンスは良く、クリスマスに向けてだんだんツリーが華やかになっていきます。

毎年このツリーを飾ってくださり、やがて大きくなって教室を卒業して行かれた歴代の生徒さんたちの数も、たくさんになりました。その生徒さんたちの姿も、このツリーは思いださせてくれます。

ご家庭のクリスマスツリーは、子供さんが大きくなると役目を終えてしまうこともあると思いますけれど、教室のツリーは毎年子供さんたちに飾っていただけて幸せものです。

PC172138.jpg





category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

リースを作りました 

 

毎年この時期にリースの材料を届けてくださる生徒さんがいらっしゃいます。
今年もたっぷり頂戴しました。

2018120912050633e.jpeg

いろんなのが入っています!
201812091205056a8.jpeg


とりあえず形にしてみました。
針金を使って形作ればやりやすいのですが、処分するときに燃えない針金やプラスチックを使わずに作りたいのは私のこだわりです。麻の紐だけでまとめていきます。
2018120912050427d.jpeg

どうにかそれらしくなりました。自然派リース。
出来上がったリースを玄関に飾りました。
20181209120503a8d.jpeg



category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top