新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

フルートは初夏の風のごとく 

 

P1070889.jpg

満開を迎えたモッコウバラ。
あと数日が見頃でしょうか。

今日はフルート教室。
フルートの音が、階下より聞えています。

居ながらにして日々いろいろな楽器や歌声を聞く事が出来る、新潟教室ハルモニアですが、ふとした拍子に流れている音楽が心に留まり、ハッとして、もしくは、しみじみと、仕事の手をとめてしばし聴き入る事があります。

今日は、やや湿度の高い初夏の陽気の中、フルートの音の爽やかさが心をとらえます。

市橋先生の輝くような音の素晴らしいこと。

でも、顔を出したばかりの芽のような、初心者の生徒さんのひとつひとつ懸命な音も、また、いとおしい。

フルートは、始めのうちは音を出すこと自体がたいへんな楽器のようですが、ぽつりぽつりと聞えて来るこの小さな「芽」がやがて枝葉を伸ばし、美しい音楽の樹となる日が来る事でしょう。
楽しみです。

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top