新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

新内節 「岡本宮之助をきく会」のこと 

 

新内公演2017_1 (2)


「新内節(しんないぶし)岡本宮之助をきく会」

出演 浄瑠璃:岡本宮之助 
   三味線:鶴賀喜代寿郎 
   上調子:岡本文之助

11月25日(土曜日)に、新潟市の「砂丘館」で開催されるこの会の、
準備のお手伝いをさせていただいています。

二回公演で、
演目は下記の通りです。

<第一回>13:30〜15:00
新内流し
明烏(古典曲)
滝の白糸(泉鏡花『義血侠血』より)*
むじな(ラフカディオ・ハーン=小泉八雲 原作)*

<第二回>16:30〜18:00
新内流し
蘭蝶・虫づくし(古典曲)
十三夜(樋口一葉 原作)*

(*は岡本文弥作品)


時代劇で、三味線を弾きながら夜の花街を流す「新内流し」の姿を見たことがある人は、少なくないと思います。
しかし、あの「流し」の人たちがどんな芸能をやる人なのかをご存知ですか?
私は知りませんでした。
三味線を弾きながら歌を歌うのだろうと思っていたのですが、それは間違いでした。

「新内」は、三味線の伴奏で、物語を「語る」芸能なのです。

三味線を弾きながら街頭を流して、声がかかれば、お座敷に上がって物語を語ったというのです。
なんと心豊かな、驚きの江戸ワールド!
どんなものを当時の人が好んで聞いたのかは、この度演奏される古典曲で体験することができます。

岡本文弥作品では、現代の私たちにも馴染みのある、小泉八雲、泉鏡花、樋口一葉の原作が語られます。

さて、江戸の人達と同じように、私たちも、その「語り」を楽しめるでしょうか?


お申し込み、お問い合わせは
砂丘館(さきゅうかん) 025−222−2676

まで、お願いいたします。










category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top