新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

音の匠 

 

IMG_2050.jpg

音楽教室の活動を陰で支えてくださる「匠」がいらっしゃいます。
今日はそのお一人、調律師さん。

教室のピアノを良い状態に保つには、定期的な「調律」が必要です。
バイオリンの調律は日々自分でやるわけですが、ピアノの調律は専門の調律師さんにお任せします。

教室の調律師さんは、母の代からお世話になっているかたで、私がまだ子供の頃から教室のピアノをずっと見てくださっています。本当に長いおつきあいです。
私よりも教室のピアノの状態を熟知されているので、この調律師さんに調律していただければ安心です。

グランドピアノ2台、アップライト1台を、二日かけて調律していただきました。
すっきり綺麗な音になりました!。ありがとうございました。

IMG_2219.jpg

調律中の写真を撮らせていただいていたら、「これも写してみたらどうですか?」と見せてくださったのが、これです。
IMG_2222.jpg
調律の道具で、「チューニングハンマー」という名前だそうです。
これを一本一本の弦の根元を止めている金具にはめて、グイッと回して調律するんですね。

「カーボン製で軽いんですよ」と、嬉しそうに解説してくださった調律師さん。
きっと、こだわりのある道具なんでしょうね。

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。