新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

梅は咲いたか:新潟の遅い春 

 

Image1229.jpg

『梅は咲いたか 桜はまだかいな』

江戸端唄の一節です。
その先は知らなくても、その言葉だけはなんとなく知っているのは、今も昔もこの季節の日本人の心持ちにピッタリな一節だからでしょうか。

お買い物のついでに、白山神社の梅園の梅を「確認」しようと思い立った瞬間から、私の頭の中にもこの小粋な唄がぐるぐるして気分を盛り上げてくれました。

果たして新潟の梅は?。

まだほとんどつぼみ状態でした。

早咲きの赤花の1.2本だけはもう咲ききって見頃を過ぎた印象で、一方、全体の木の八割方はまだつぼみだけ、という感じです。
今現在見頃なのは写真の種類の白梅が数本。

こうしてみると、桜より梅の方が花の色も咲く時期にも種類がいろいろあるのですね。
桜(ソメイヨシノ)がいっせいにパッと咲いて、またいっせいにパッと散るのに比べ、ぽつりぽつりと咲いていく梅は、若干地味な印象なのかもしれません。
そして新潟ではせっかくの満開時期は桜と重なって、さらに印象が薄くなってしまうのではないかと思います。

香りの素晴らしさ、色の美しさを見ると、もっと人気が出ても良さそうな気がするのですが、梅園にいつも人影はまばら。

私は、庭に一本植えるなら、桜より白梅が良いなと思います。

上の写真、白山公園の白梅です。
北斎の梅の構図をちょっと意識してみました(笑)

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top