新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

新内節 「岡本宮之助をきく会」のこと 

 

新内公演2017_1 (2)


「新内節(しんないぶし)岡本宮之助をきく会」

出演 浄瑠璃:岡本宮之助 
   三味線:鶴賀喜代寿郎 
   上調子:岡本文之助

11月25日(土曜日)に、新潟市の「砂丘館」で開催されるこの会の、
準備のお手伝いをさせていただいています。

二回公演で、
演目は下記の通りです。

<第一回>13:30〜15:00
新内流し
明烏(古典曲)
滝の白糸(泉鏡花『義血侠血』より)*
むじな(ラフカディオ・ハーン=小泉八雲 原作)*

<第二回>16:30〜18:00
新内流し
蘭蝶・虫づくし(古典曲)
十三夜(樋口一葉 原作)*

(*は岡本文弥作品)


時代劇で、三味線を弾きながら夜の花街を流す「新内流し」の姿を見たことがある人は、少なくないと思います。
しかし、あの「流し」の人たちがどんな芸能をやる人なのかをご存知ですか?
私は知りませんでした。
三味線を弾きながら歌を歌うのだろうと思っていたのですが、それは間違いでした。

「新内」は、三味線の伴奏で、物語を「語る」芸能なのです。

三味線を弾きながら街頭を流して、声がかかれば、お座敷に上がって物語を語ったというのです。
なんと心豊かな、驚きの江戸ワールド!
どんなものを当時の人が好んで聞いたのかは、この度演奏される古典曲で体験することができます。

岡本文弥作品では、現代の私たちにも馴染みのある、小泉八雲、泉鏡花、樋口一葉の原作が語られます。

さて、江戸の人達と同じように、私たちも、その「語り」を楽しめるでしょうか?


お申し込み、お問い合わせは
砂丘館(さきゅうかん) 025−222−2676

まで、お願いいたします。










category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

砂丘館 

 



新潟市のアートの殿堂の1つが、ここ「砂丘館」です。

今まであまりおじゃまする機会がなかったこちらですが、この度、
11月25日に開催される「新内節(しんないぶし)岡本宮之助をきく会」の準備のお手伝いで、最近度々足を運ばせていただいています。

バイオリン専門の私が、邦楽の公演のお手伝いをしているのは不思議な感じに思われるかもしれませんが、岡本先生は
私の妹がお習いしている師匠というご縁です。
そればかりではなくて、実は私も10代の学生時代から30代にかけて、邦楽の薩摩琵琶を習っていたことがありまして、自分としても邦楽は全く縁のない分野では無いと感じています。

20171029124326779.jpeg

新内節は、江戸時代発祥の粋な古典芸能。
砂丘館の日本家屋での開催は、コンサートホールで聞くのとは一味違って、この芸能本来の風情が楽しめるものだと思います。
古典芸能がお好きな方に、是非おいでいただきたいなと思っています。

講演の詳細は、次回の投稿でご紹介させていただきます。

20171029124655660.jpeg








category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top