新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

もうすぐ春 

 

P1080884.jpg
雪少なめで推移している今年の長岡市中心部。
しかし、まだこのくらいの雪はあります。

「このまま降らずに春を迎えられると良いですね」
「さて、どうかな?」
というのが、最近の季節の話題です。

明るい日差しに誘われて、ちょっとお散歩。

P1080887-1.jpg
教室の近くを流れる柿川の両側には桜の木があって、花の季節にはお花見が出来るのですが、
今年は大きく太い枝の枝折れが、あちこちの木に目立ちます。
12月に一気に降った雪が、あまりにも一気に大量に降ったせいかと思われます。

ここの桜はソメイヨシノで、木の古さからして、そろそろ寿命なのかもしれません。
樹自体の痛みも年々進行しているようで、心配です。

市民のお花見名所であるこの柿川の桜も、近年は積極的に手入れされている様子は無く、
単なる「大きくなりすぎた街路樹」、といった扱いで、根本は無造作にコンクリートで固められ、折れた枝は切り捨てられ、枯れれば根本から切られて、そこに新しく桜が植えられる気配はありません。
消えてゆく名所なのだと思います。

桜を見る心のゆとりは、多くの人にとって大切なもののはず。
それが、何気ない街角であっても。
いや、そうであればこそ。。。

何とかならないものなのでしょうか。。。

P1080893.jpg
長岡の中心の大手通は、撤退した大型店舗、新たに出来た市の施設、など、いろいろな事情で、ここ数年様変わりしています。

撤退した大型店舗の空き物件は、次々と市の施設になって、
かつてのデパートの売り場には、
こんな感じで市内の保育園児の皆さんの作ったお雛様が飾られていました。

P1080911.jpg
こちらも別の大型店舗の跡地。
市役所の出先の事務所だった時代があって、今は「タニタカフェ」。
これも、市の肝いりで最近出来た施設らしいです。

P1080897.jpg
カフェなのでお茶が飲めるのですが、椅子はこんなハンモックだったりします。
(ここだけの話、これが何とも飲みにくい(笑))

ちょっとずつ変わっている長岡の街です。






スポンサーサイト



category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top