新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

Studio Voce 10周年コンサート「ラ・ヴォーチェ」 

 

P8310998.jpg

8月31日、鈴木規子先生の教室、Studio Voce の10周年記念のコンサートが長岡リリックホールで開催されました。

「La Voce 〜ラ・ヴォーチェ〜 鈴木規子と愉快な仲間達」と題した、先生と門下の皆さんのコンサートです。


私達の音楽教室「音楽の家ハルモニア」に出張で開いておられる、Studio Voceの新潟教室もまた、10年の月日を重ねました。
私達の教室は、もともとは長年、ピアノとバイオリンという「器楽」の教室だったのですが、
そこに、イタリアから帰国されたばかりの鈴木先生の声楽の教室が加わって下さったのは、本当に嬉しい事でした。

人の身体が楽器である声楽は、すべての音楽の基礎となる大切なものです。
器楽をやっている私たちも、声楽から学ぶ事はとても多いのです。

P8311064-3.jpg

お祝いの気持ちを込めて、今回のコンサートでは裏方のお仕事をバッチリお手伝いするつもりだったのですが、
私も一曲、伴奏で舞台に上がることになりました。
曲は「月の砂漠」です。

ちなみに、ひとつのコンサートを作り上げるためには、華やかな舞台上だけが全部ではなく、見えない裏側で多くの人がチームワーク良く働く事が必要です。
それをまとめる立場でもあった鈴木先生のご苦労は大変なものだったはずです。

P8311142.jpg

コンサートは、オペラの名曲や、イタリア歌曲、日本の童謡などが、
ソロ有り、合唱あり、時には演出有りで進行する、とても盛りだくさんで楽しいプログラムでした。

P8311210.jpg
アンコールは「ふるさと」を、お客様もいっしょに声を合わせて。

コンサートの終わりには、ステージも客席も、会場全体が大きく暖かいひとつの感動に包まれた感じがありました。

鈴木規子先生を中心に仲間の皆さんの力が結集して、素敵なコンサートでした。

鈴木先生、おめでとうございます。



category: コンサート

tb: --   cm: --

△top