新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

SALICE  

 

P7280968.jpg

私たちのバイオリン教室には、主に大人の生徒さんを中心にした、ボランティアの演奏グループがあります。

長岡のグループは、「アンサンブル・フェニーチェ」。
すでに3年程前から活動し、参加して下さる皆さんもずいぶん出演に慣れて来ました。

これは大人の生徒さんに限らず、ですが、大人の生徒さんには特に、
「きちんと弾ける力」と合わせて、
いろんな場で楽しめるための「応用力」をしっかりと身につけて頂きたいもの。
そのために、仲間内での合奏の経験はとても役に立っていると思います。

新潟の生徒さんには、「長岡の人たちだけ良いなあ」などと言われていたのですが、
この度、いよいよ、新潟教室のグループも発足する運びとなりました。


まずは命名から。

長岡のグループ名がイタリア語なので、新潟も、イタリア語の何か素敵な名前、
新潟らしいもの、、、。

長岡の「フェニーチェ」の時は閃くように、向こうから飛び込んで来るように名前が決まったのに対して、
新潟は、イメージがなかなか絞れず、苦戦。

イタリア語堪能な声楽の鈴木先生にもご相談させて頂いたりしたのですが、
教えて頂いた綺麗な意味や響きの言葉は、すでに全国に同じ名前のグループがたくさんあったりして、
なかなか難しいものです。

そうこうするうちに、初舞台の演奏の予定の方が着々と決まりました。

「いよいよ名前を決めなくては」という思いを胸の奥深くに置いて、新潟の街を車で走っていたら、
昭和大橋のたもとで、呼び止められたように、あるものがパッと目に入りました。

長岡に無くて、新潟にあるもの。

それは「柳」の街路樹。

柳、柳、柳。一度気になり始めると、次々に目に飛び込んできます。

風にそよいで涼しげなこの木が、「新潟市のシンボルの木」であることは、
帰ってから調べてわかりました。

イタリア語ではSALICE。
サリチェ サーリチェというような発音だそう。

アンサンブル・サリチェ。
どうでしょうか?。

FENICE  と SALICE
偶然ですが、なんだか韻も踏んでいるみたいだし!?。


そんな訳で、7月25日に発足しました、
「アンサンブル・サリチェ」

これから始まります。

よろしくお願いいたします。


P7280963.jpg













スポンサーサイト



category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top