新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

桜から〜チューリップへ:やすらぎ堤 

 

yasuragi.jpg

信濃川河畔のやすらぎ堤。
桜がほぼ散って、今チューリップが満開です。

よく通っているこの道も、この季節が、一番「やすらぎ」という名前にピッタリの眺めになる気がします。

P4230786.jpg
名残の桜。
咲いている間は、見た目も周囲もにぎやかな桜も、この時期になると落ち着きを取り戻しているようです。

世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし   

古今和歌集 在原業平の歌です

この歌の本来の意味合いとはちょっと違うけれど、
桜が散った今、確かにのどかさが増したような気もします。

散った後の余韻まで含めて、桜、なのかな。

P4230784.jpg

遊歩道の両脇にびっしりとチューリップ。
大きな花で、窮屈そうな程の密集っぷりです。
P4230798.jpg

どうしてこんなにビッシリなのか?と思っていたら、この花を植えた事があるという生徒さんが教えてくれました。
付近の小学校の生徒達が、球根を植える作業をしているのだそうで、たくさん渡された球根を、とにかくありったけ、キャーキャー大騒ぎしながら楽しく植えているんだそうです。

「男の子はいたずらして逆さに植えたりしていたよ」と、今では高校生になったその生徒さんは、楽しそうに語って下さいました。子供達の良い思い出になっているチューリップなのですね。

P4230792.jpg
謎のオブジェたちも今日はひときわのんびりしているような感じ。











category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top