新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

立春 

 

P2060783.jpg

立春。
この日から、春が始まる。

今年の新潟市は、不思議なほど雪の無い立春を迎えました。
例年なら、「立春」という言葉とおよそ似合わない一番雪が多い時期で、雪の晴れ間にちょっと覗いた青空の光の強さを感じては「やはり少し春らしい、かも」と思ったりするくらいで、まだまだ辛抱の季節なのです。

今年はそんな「辛抱」の感じが無かったためか、うっかり豆をまくのを忘れていました。

そして、2月6日。
最高気温マイナス1度の中、晴天が嬉しくて、やっぱり街まで自転車に乗る。
P2060785.jpg
気温が低いので木陰に融け残っている粉雪も見えますが、
ほとんど無雪です。

P2060786.jpg
雪吊り。
ここ、白山神社の樹々の雪吊りの作業風景は、毎年、冬の前の新潟の地方ニュースの定番です。

P2060787.jpg
夏はびっしり蓮で覆われる蓮池も、今日は一面の氷。
例年はこの上に雪が覆うので、この池のスケートリンクのような氷状態は案外珍しい風景なのかも。
通る人も、近づいて氷をのぞき込んだりしていました。

買い物をしている間に一時、雪がちらついたようで、
帰り道では、
P2060792.jpg
氷の上にぱらっと雪が。
(同じ蓮池です)
なんだか白砂の日本庭園のように姿を変えていました。
これはこれで美しい。

P2060788.jpg
梅園もあるのですが、つぼみがほころぶまでは、まだまだ、ですね。
でも、今年は雪に痛められていないので、良い花が見られるかも。
楽しみです。

P2060790.jpg
水盤の上の小さなつらら。

P2060794.jpg
公園の端で、地面を覆うように植えられた低木に、赤い実がついていました。

小鳥たちも、今年は餌に困っていないのかな。
まだ、たくさん残っています。




















スポンサーサイト



category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top