新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

醸す 

 

PC260783.jpg

忙しい時に限ってこんなことをやりたくなってしまう。
でも、食べられるものだし、保存できるものなので、忙しい時には便利でしょ、ね、
と言い訳しつつ。

発酵食品を作るのに凝っています。

上の写真は「水キムチ」。
とても身体に良いのだとか。
自然界にいる乳酸菌の働きで発酵させます。
(菌は入れる訳ではなく、なんと勝手にどこからかやってくるのです)

とりあえず、調べたレシピ通りにやってみました。
あっけないほど簡単に仕込めるものだったのですけれど、そこからの仕上がりは、温度任せというか菌任せというか、で、できているのかいないのか?。今ひとつ自信が無く。
お味の方は、美味しいような気もする?、食べ始めると後を引くような気もする?、という心もとない感じ。
何かまだ違うんだろうな。
しかし、超簡単なのでリピート確実です。

う〜ん奥が深い、発酵の世界。

PC260786.jpg
こちらは、何度目かの挑戦になった白菜のキムチ。
思い切ってひと玉漬けてみました。

今回のポイントは「柿」と「新潟のアカヒゲ(あみ)」の塩辛を入れてみた事。
PC170781-1.jpg

手順はだいぶ慣れて来て、何が重要ポイントなのかも、やっとちょっと解って来ました。

しかし、今回も出来としては「まだまだ」です。
気がついたその「ポイント」も、しっかりハズしています(笑)。
ハズしたからこそ問題点に気がついたので、その点は良かったかな。
学習とはこういうものなのかな。
(奥が深。。。くもないか。)

なかなか仲良くなれない「菌」。
でも、そこが面白い。

挑戦は続きます。
たぶん。








スポンサーサイト



category: 食べる事はたいせつです

tb: --   cm: --

△top