新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

佐渡の文弥人形 

 

P1080175.jpg

佐渡の伝統芸能「文弥人形」をはじめて見ました。
佐渡まで行って見たのではなく、長岡の新潟県立歴史博物館の催しです。
演目は「出世景清」。

主な登場人物は
悪七兵衛景清:源頼朝の命を狙う平家の残党。
阿古屋と子供二人:阿古屋は清水坂の遊女。景清との間に男の子二人。
小野姫:熱田大神宮の娘で景清の妻。
伊庭十蔵:景清を密告しようとする阿古屋の兄。

ここでは詳しい物語は省かせて頂きますが、上の登場人物からも想像できるように、源氏に対する遺恨と女性二人の愛憎の絡む、だいぶドロドロしたお話です。

P1080190.jpg

P1080195.jpg

文楽のお人形に比べると素朴な印象の文弥人形。
しかし、時々ドキリとする程に命が通っているように見えるのは「技」なのでしょう。

三味線を弾きながら語っておられた、女性の太夫さんの熱演も素晴らしかった!。
P1080161.jpg


良いものを拝見させて頂きました。



スポンサーサイト



category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top