新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

春の花々 

 

P3300681.jpg

晴れやかな気持ちになれない今年の春ですが、
庭の花はちゃんと咲き始めました。

ヒアシンスの花が咲くと、清々しい香りが漂います。

P3300592.jpg

花が終わるまでひと冬水栽培で楽しませてもらった後の、ヒアシンスの球根。
球根は小さくクシャクシャになり、しまいには根っこも痛んで、どう見ても枯れてる感じのその球根が
かわいそうで捨てられず、春に庭の土に埋めていました。

その球根たちが、まさかの復活。
土の中で力を蓄え、何年か越しでまた立派に花を咲かせてくれています。
いつ植えたものかは、もうよくわかりません。

P3300684.jpg
いろんな色のがあります。
赤は、庭でも結構映えています。

P3300689.jpg
こんな白い花を水栽培した年もあったんだな、と。
忘れていました。

P3300685.jpg

多分これが一番の年代物、十年くらい経っているかもしれないです。
何年か前から、小さい花を咲かせてくれていました。
今年は結構立派です。
青と紫の間のようないい色です。

P3290653 (1)

公園では桜も開き始めました。
春ですね。

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

イヌフグリ 

 

IMG_4089.jpg


運動不足解消のためにお散歩していたら、道端にこんな小さな青い花が咲いているのを見つけました。
イヌフグリです。

色も印象的ですが、よく見ると道端にはもったいないような素敵な姿をしています。

子供の頃、この花が出てくる童話を読んだことがあって、見てみたいなと思って探していたのですが、
私の育った長岡では、この花は見つけることができませんでした。

一面の星空のように、遠くからでもポツポツと輝くように目に飛び込んでくる青い花。
子供の頃の憧れに、昨日やっと出会えました。




category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

バラの植え替え 

 

IMG_3715.jpg

雪のないお正月が終わって、本日のピアノ教室から今年のレッスンがスタートします。
バイオリン教室は明日からです。

レッスンが始まると忙しくなるので、冬休みの終わりに、教室の玄関のバラの植え替え作業をすることにしました。
これはいつも冬の時期の気がかりな大仕事です。
冬の底の一番寒い時期の仕事なので面倒ですが、5月の夢のような花のひと時のためには欠かせません。

ついつい先延ばしにしていると、休眠から目覚めたバラの芽が伸び始めてしまって春先に大慌てで換えたりしがち。そんな時は、鉢の一部分だけ土を換えるという簡単な方法で許してもらったりしていました。

今年は植木鉢から抜いて、しっかり土換えをします。

IMG_3711.jpg

抜いてみると、古い根っこが結構詰まっているので、枯れているところは取り除いたりしてお掃除します。

IMG_3714.jpg

そして、また栄養たっぷりの新しい土で植えます。
6鉢あるバラの3鉢までで今日は時間切れ、明日のレッスン前に残りも終えられるかな。

上の茶色の鉢の一本は、何年か前に切ったバラの小枝を土に刺しておいたら根付いたものです。
言わば、教室の玄関先で生まれた一本の木。
枝を伸ばし、昨年は立派に花も咲きました。バラは強い植物だと思います。
これも一回り大きな鉢に植え替えしました。



category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

ベランダ菜園のキュウリ 

 

P7226621.jpg

今朝のキュウリ。
どーん、と、一気に大きくなりました。


先週はこんな↓だったのに。
ものすごい成長の速さです。

P7186617.jpg

しかも、何と一本ずつ順番に大きくなる方針!
らしいです。

キュウリってそうなのか。。。

何だか几帳面な野菜なんですね。


私の好みは、ちょっと大きくなりすぎたくらいのキュウリです。

新潟市出身の人は、育ちすぎたお化けキュウリはお味噌汁に入れたりするって聞いたことがありますが、
私は生のままこんな感じとか。
P7196618.jpg


こんな感じで食べると、
P7196619.jpg

キュウリ独特の青臭みが少なくて、皮がパリッとしてて、
美味しいと思います。


しかし、次が育たないみたいなので、
そろそろ収穫かな〜。

(写真のスライスキュウリは、無農薬野菜のお店で売られていた長さ50センチくらいの大キュウリです。
輪切りにしたらすごい枚数になります。取るかどうか迷っているうちに、うちのベランダのも直ぐにそれくらいの大きさになりそうな勢いです。)

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

おせち料理の百合、夏の姿 

 

P7076134.jpg

お正月のおせち料理に使う百合根が残ったので、庭に植えてみたのは春先のこと。

植えてみようかどうしようか?と思っていたところ、実家のお庭でお母様が食用の百合を栽培していたという記憶をお持ちの方がいらして、そのお話をお聞きしたら是非試してみたくなりました。

いつのまにか立派に育って、オレンジ色の花が咲き始めました!

あの百合根の中に秘められていた生命力、すごいなと思います。

花屋さんに売っている百合よりも小ぶりな花ですが、つぼみもたくさんついていて、長く咲いてくれそうです。
良く見ると、オレンジ色の花びらの表側一面に濃い色の点々がついているのも、野生の花の感じで素敵です。

園芸用の品種の豪華な百合の花よりも自然な姿で、
この庭には合っているように思います。

P7086160.jpg






category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top