新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

まだまだ掘る! 

 

IMG_4940.jpg

立春が過ぎたのに、微塵も春らしさが感じられない、冬の厳しさが終わらない、今年の新潟です。
2月12日に大雪警報が出た新潟市は、お昼過ぎで上の写真のような感じ。
すっぽり埋まってます。

13日の朝には警報は解除になってましたが、IMG_4942.jpg

大量の雪が。
夜間に道路を除雪してくれた除雪車の置き土産の雪の壁も、うず高くなってます。
うわ〜。

ちなみに教室は右側に埋まってます。
シャベルがあるところが、入り口です。

IMG_4946.jpg

コツコツ掘ります。
二時間掘ってこんな感じ。
あまり減り目がないですか?

除雪車の置いていった土手状の雪がとにかく硬いのです。
ガンガンやってちょっとずつ割っていきます。

まだまだ頑張ります。
IMG_4951.jpg

三時間でこんな感じ。
積み上げた雪の山は私の背の高さを超えました。

どうにか生徒さんの車が入れる感じになりました。

お疲れ様〜っとお風呂にでも入りたい感じですが、これからレッスンです!
もうちょっと時間があるので、せめて美味しいコーヒーでも入れます!


category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

雪を掘る 

 

IMG_4904.jpg

近年無い大雪になった今年の新潟。
先週の雪がやっと融けて地面が出てきていたのですが、一夜の積雪でまたこんな景色になりました。

雪国とはいえ、新潟市は例年なら積雪量はそんなに多くなく、全然降らないような年もあります。
一冬に一回二回はドンと降ることがあっても、その時の量はせいぜい15〜20センチくらい、びっくりするほど多くても30センチ、というのがここ数年の感じでした。
昨夜降った写真の雪の量は、15センチくらいなので、例年ならば、このくらいでも「いっぱい降ったね」という感じ。
しかし、今年は既に、一夜で80センチという日があり、かなりの異常事態であったことがわかります。
(まだ冬は終わっていないのですけれど。そして、通常なら大雪の本番は2月なのですけれど。。。)

というわけで、このくらいの積雪でしたら、びっくりするほどではないのですが、
この分量でも、掘らないと車が入れません。
教室の駐車場確保のために、雪を掘るのが日課になっています。
生徒さんがおいでになり始める時間までに、もう一仕事です。


IMG_4903.jpg


category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

クリスマスリース 

 

IMG_3690.jpg
クリスマスが近づいてきました。

生徒さんから、リースの材料の庭木の枝をたくさん分けていただいたので、リースを作ってみました。

IMG_3691.jpg

まず円く並べて。
ヒバの枝は初めから少しカーブしているので、並べやすかったです。

IMG_3692.jpg

紐で何箇所か結んで止めた後、紐をくるくる巻いて形を安定させてみました。
針金を使うと、捨てるときに分別しないとなので、あえて紐のみで固定。

IMG_3693.jpg
柊もつけて。
もっと色々つけるつもりでしたが、このくらいシンプルなのもいいかもという気がしてきました。

部屋も手も清々しい木の香りがして、いい感じです。

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

蓮の花 

 

P7172268.jpg

日々、通りがかりに拝見させていただいている白山神社の蓮池。
一年で一番美しい季節を迎えています。

蓮の花が咲き始めました。

P7172267.jpg

みずみずしい姿です。

P7172253.jpg
涼しい早朝は特に爽やか。
今の時期は、朝からお散歩がてらの蓮の花を見る人が訪れています。



category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

関川村の自然に出会う 

 

P7012275.jpg

ワークショップとコンサートで伺った関川村。
1日目のワークショップが終わって、1日目の夜、宿泊した温泉の女将さんが案内して、蛍の飛ぶ場所まで連れて行ってくださいました。
上の写真、ちょっとわかりにくいかと思いますが、梅雨の一瞬の晴れ間に飛ぶ蛍です。

蛍を見たのは、ずいぶん久しぶりです。しかも、たくさん。
今が蛍のいる時期とは、この企画の日を決める段階では全く気付いていなかったのです、
しかも、お聞きすると、蛍の飛ぶ時期はそんなに長くないのだそうで、
本当にラッキーでした。


2日目、コンサートの日の朝。
P7022290.jpg
宿から、朝霧の中に「丸山大橋」が見えていました。
綺麗な橋です。

チェックアウトからリハーサルまで時間があったので、ちょっと丸山大橋へ行ってみようかということに。
すると…

何かが橋の上を通行している?
P7022078.jpg

えっ!
P7022080.jpg

ええっ?
P7022082.jpg
お猿さんも通行している、豊かな自然の中の橋でした。


P7022293.jpg
橋のたもとには、琵琶法師の碑が。
この碑にも、橋の欄干のレリーフにも、大蛇を退治した琵琶法師の伝説が記されていました。

関川村といえば「たいしたもん蛇まつり」が有名ですが、その蛇は、たぶんこの伝説の蛇なのでしょう。


帰りに、さらに上流の吊橋まで行ってみました。
P7022296.jpg
日本一の清流「荒川」。
この日は、梅雨の雨で濁流が渦巻き、「大蛇」を彷彿とさせるような荒々しい姿を見せていました。










category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top