新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

佐藤恒夫・佐藤伸夫と仲間たちの明日を拓く芸術祭 

 


「佐藤恒夫・佐藤伸夫と仲間たちの明日を拓く芸術祭」

2019年7月10日(水)~15日(祝)
柏崎市文化会館アルフォーレのマルチホールにて、開催されました。

今回は、私たちの教室「こどものための音楽の家ハルモニア」が制作に関わった映像作品、
「あしたにながる絵」が、参加させていただいています。

この作品は、脊髄性筋萎縮症という病気で入院生活を送りながら、絵の制作を続けておられる、
画家、佐藤伸夫さんの絵から、コラボレーションの輪が広がっていく様子を描いたもので、
子どもたちに見ていただくことを目的に、作ったものです。

私は会期終盤の14日日曜日に会場へ伺いました。

P7146456.jpg

会場に入ってすぐのところに「あしたにながる絵」の展示がされていました。

上映されている「あしたにつながる絵」と、案内のプレート、
それに加えて、「あしたにながる絵」の中に登場する絵画作品の原画を伸夫さんが出してくださって、その一角を取り囲むように展示されています。


P7146515.jpg

「あしたにつながる絵」と関連作品の展示




会場の中には、伸夫さんが今までに描いてこられた、たくさんの作品が展示されていました。

P7146416.jpg

P7146238.jpg

伸夫さんとの約束。
絵の前で、バイオリンを弾かせていただきました。
これが、「あしたにつながる絵」からまたつながる、コラボの一つになるのかな。

鏡の前には、伸夫さんのお兄さん恒夫さんの書いた色紙の言葉が、にぎやかに並んでいます。

P7146264.jpg

バイオリンを弾きながら、会場内を巡って。
いろんな年代の伸夫さんの絵を見て、絵と交流しながらバイオリンを弾く。私自身、なんとも贅沢な、めったにできない心に残る鑑賞体験をさせていただきました。



「あしたにつながる絵」の制作には、たくさんの方々が快くご尽力くださいました。

こちらは、技術面の地道な作業と細部にわたるこだわりで多大な貢献をしてくださった、
長岡技術大学マルチメディアシステムセンター 放送技術研究会の面々。

P7146478.jpg




会場で伸夫さんの写真を囲んで。長岡技術科学大学の皆さん、伸夫さん応援隊であるスタッフの皆さんと。

P7146407.jpg

この場にいらっしゃる皆さんの他にも、たくさんの方のお力添えがあって、
「あしたにながる絵」が完成しました。
すべての皆様に感謝いたします。
ほんとうにありがとうございました!



この日、佐藤伸夫さんご本人は会場にいらっしゃらなかったけれど、
「今会場にいます」というご報告をSNSでお送りしたら、すぐにお返事が帰ってきました。

「巨大な鏡を使った展示どうですか?」という伸夫さんからのメッセージに、

「確かに。鏡、いいよね!」と、会場で会話が弾みます。

離れていても、この時間と空間をみんなで共有している不思議な感じ。
面白い時代になったなと思います。

いろんな可能性を使って、コラボレーションの輪はもっと広がって行きそうです。

category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

リースを作りました 

 

毎年この時期にリースの材料を届けてくださる生徒さんがいらっしゃいます。
今年もたっぷり頂戴しました。

2018120912050633e.jpeg

いろんなのが入っています!
201812091205056a8.jpeg


とりあえず形にしてみました。
針金を使って形作ればやりやすいのですが、処分するときに燃えない針金やプラスチックを使わずに作りたいのは私のこだわりです。麻の紐だけでまとめていきます。
2018120912050427d.jpeg

どうにかそれらしくなりました。自然派リース。
出来上がったリースを玄関に飾りました。
20181209120503a8d.jpeg



category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

京都らしいもの 

 

P6170525.jpg

いかにも京都らしい!
という風景を並べてみようと思います。

上の写真は、東本願寺と京都タワー。
こうやって並べてみると、京都タワーはロウソクのように見えて、意外にお寺に馴染んでいるようです。


P6180728.jpg

鴨川のほとり。
夏限定のバルコニーみたいな「床」が作られています。
現物を見るのは初めて。

P6180654.jpg

六角堂。聖徳太子にゆかりのある古い寺院で、花道の「池坊」の本拠地でもあります。
街の真ん中にありますが境内は静かで、ここだけ別天地のような不思議な空間。

P6180719.jpg

下鴨神社。
赤い柱と白砂。神社は色が鮮やかです。
この季節は下からの紫外線の照り返しがきつい!


P6190760.jpg

妙心寺 東林院の「沙羅の庭」。禅寺のお庭です。
沙羅の花(日本では夏椿を沙羅と呼ぶそう)が一面に散っていました。
京都といえば、お庭、という見所もあります。



category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

林勇次郎先生個展にて 

 

20180325111108ec4.jpeg

3月21日春分の日
中学校時代の恩師、林勇次郎先生の個展でお祝いの演奏をさせて頂きました。

久しぶりにお会いした先生は、お変わりなく、ご健勝な様子でした。

先生にお目にかかれば、たちまち中学生時代に戻るように感じます。
もっとも、中学生の時の私は先生に自分からいろいろお話が出来るような積極的な子供ではありませんでした。
先生の絵を拝見して、すごいなあ、不思議な絵だなあ(抽象画を描かれる先生でしたので)と思っても、先生に直接その事をお話させて頂いたことは無かったと思います。どんな言葉で言ったら良いのかも分からなかったし。

今では、先生にもいろいろとお話ができるようになりました。
当時の自分の感じていたことも、今の私が代わりにお伝えできます。

先生のお話では、当時の美術部で活躍されていて先生の印象に残っている生徒さんでも、その後どうされているのかわからない方の方が多いようです。
その中で、美術部でも無かった私がこんな風に先生のお祝いに伺わせていただけるのは不思議なご縁で、とても嬉しいこと。
ですので、当時のみんなを代表するような気持ちで、お祝いをさせていただきました。

先生、これからも、益々お元気で、
素敵な活動をなさってください。

20180325111107949.jpeg

20180325162244043.jpeg

長岡市 ギャラリー創 にて





category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

恩師の展覧会 

 

hayashi.jpg

中学校の時、美術の授業で教えていただいた恩師、林勇次郎先生の展覧会のご案内をいただきました。

その頃も、80代になられた今も、ずっとストイックに制作を続けておられる林先生。
十代の初めの頃に、この先生と出会うことができたのは、本当にラッキーだったと思います。

教えていただいたことも、もちろん貴重ですが、
何より、本物のアーティストの先生の存在そのものが、大きな影響を与えてくださったと思っています。

私は、絵は子供の頃から好きでしたが、絵の作者の方に対する尊敬の気持ちは、この時先生にお会いできたことがきっかけだと思います。

当時、先生の描かれていた絵は抽象的で、中学生の私には難しく、正直なところよくわかりませんでしたが、
それが、精魂込めて真剣に制作されたものであるということはわかりました。
いつも、一生懸命拝見した記憶があります。

たぶん、子供ながら、大真面目な顔をして拝見していたんだろうなと思うと、ちょっと可笑しいです。

最近は、先生は具象もお描きになられるのですが、その中にも、子供の頃に拝見した先生の抽象画に通じる、真剣な、線や、形や、色が垣間見えるところが、素敵だなと思います。


『林勇次郎 展』
2018年 3月20日(火)〜25(日)
ギャラリー創 長岡市城内町3−8−10

category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top