新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

子どもさんたちの力作 

 

IMG_1046.jpg
長岡の小学校の生徒さんの作品です。
黒いバックに、発泡スチロールの玉と、それに刺した棒状のもの(竹ヒゴ?)で作った「花火」です。
長生橋の西詰めの近くにある小学校なので、この橋は長生橋でしょうか。
ちゃんとナイアガラ(橋に仕掛けられて滝のように川に流れ落ちる花火)も表現されています。

さすがは花火会場の近くにある小学校の子供さんたち、一見気の向くままに作っているように見えても、一つ一つよく見ると「そうそう、近くで花火を見ると確かにこういうふうに見えるよなあ」とリアルさに驚く出来栄えなのです。何と言っても、動かないものでここまで花火の躍動感と、花火を見たとき独特の、あの「おおっ」という感動を表せるというのは見事だと思います。子供たちの歓声が聞こえてくるようです。

このオブジェ、長岡祭りの間は市役所の外壁の展示スペースのガラスの中に置かれていたのですが、最近長岡駅の新幹線ホーム改札を入ったところに移動していました。
おそらく好評だったのでしょう。

ここを通る楽しみができました。
常設を希望します。

category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

水と土 

 

20150725184151f92.jpg

新潟市で只今開催中の「水と土の芸術祭2015」。
街の中から郊外の水辺まで、かなり広範囲のあちこちにアート作品が展示されているようです。

私はその全部を回るような意気込みはありませんけれど、
通りすがりに見られるものは拝見します。

信濃川の万代橋から河口方面へ向かって右岸の川岸に、作品の一つがありましたので見てきました。

新潟の夢-Dream of Niigata-
台湾のアーティスト:王文志(ワン・ウェンヂー)さんの作品

竹で編んだ大きな籠のようなオブジェ(建物?)です。

2015072518415371e.jpg
中に入るとけっこう大きい。

そして意外だったのは、中に牡蠣の殻がたくさんぶらさげてあり、風が吹くと音を立てていたこと。
サラサラともカラカラともつかないような、乾いた感じの音です。

海の音のようでもあり、風の音のようでもあり。

例えようと思って記憶をたどってみても、他のどこかで聞いた事が有るという訳でもないのですが、
でも、「自然」がイメージされるような、心地よい音でした。

20150725184154502.jpg
足下まで竹で出来ています。

201507251841551ce.jpg
万代橋からの眺め。
見る方向によって、印象が違います。


『水と土の芸術祭』は
10月12日まで。



category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

熱狂の!「ラ・フォル・ジュルネ」の記。その2 

 

P5082674.jpg

「みんなの音楽入門」パッション・セッション・エデュケーションが終わって一週間。
8日〜10日にはラ・フォル・ジュルネ新潟2015の本公演が開催されました。

私は、「みんなの音楽入門」の後、みごとに高熱を出しまして、回復して気付いたら次の週末になっていた(途中の記憶あまり無し)という残念なゴールデンウイークだったのですが、そこからがラ・フォル・ジュルネの本公演だったので、今度は聞く方として楽しませて頂きました。ちょっと得した気分です。

P5082678.jpg

おお、これが噂のプロジェクションマッピング。
県民開館の壁はすごく良いスクリーンだけれど、あまりに四角いスクリーン過ぎて、東京駅で話題になっていたプロジェクションマッピングみたいな、建物に映しているという意外さは薄いかな。

P5082684.jpg
お客さんは釘付けで見ております。
この観客の中にルネ・マルタンさんもお見かけしました。
(その時は、「まさか」と思いましたが、後のコンサートの時に舞台上で挨拶されたので間違い無く御本人)

P5082687.jpg
パシオン。これが今年のテーマです。

この日は、ベートーヴェンのバイオリンコンチェルトのコンサートを聞きに行きました。
出演予定だったオーギュスタン・デュメイさんが体調不良で取りやめになって、代役のオリヴィエ・シャルリエさんが演奏されました。

初夏の宵、公演をお散歩してコンサートを聴けるなんて、
贅沢ですね。

category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

熱狂の!「ラ・フォル・ジュルネ」の記。その1 

 

P1012380.jpg

2015年5月3日、ラ・フォル・ジュルネ新潟2015の関連イベントとして、
「みんなの音楽入門」パッション・セッション・エデュケーション
を上演いたしました!。
(上の写真は本番前のリハーサル風景です)みんなの音楽入門Webサイトは→こちら

さて、今更ながらですが、基本的な所からおさらいです。
「ラ・フォル・ジュルネ」とは...

1995年に、フランスの港町ナントにて誕生した音楽祭。 ルネ・マルタンさんというアーティスティック・ディレクターが創り出しました。その音楽祭はフランス国外にも拡がり、日本でも、2005年に東京、2008年に金沢、そして2010年からは新潟とびわ湖で開催しています。

この催しの特色は、2日間くらい24時間絶え間なく音楽を、いくつもの会場でコンサート形式で提供する祝祭的なイベントということ。一つ一つのコンサートは短く、一流の演奏家の出演にもかかわらずチケットは安価に設定(気軽に聞ける)というのが、そもそものこの「ラ・フォル・ジュルネ」の特色です。

今やすっかり「音楽祭の名前」として定着している感のあるこの「ラ・フォル・ジュルネ」というタイトル。はじめて聞いた時には「なんのことだろう?」と思った物ですが…。
これはモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の原作であるフランスの作家ボーマルシェの戯曲のタイトルからとられたもの、なのだそうです。
その原作タイトルこそ「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)、あるいはフィガロの結婚」というものです。(この件、ほんとかな?と思って調べてみましたところ、wikiにも「原作の正式な題名は『狂おしき一日、あるいはフィガロの結婚』(La Folle journée, ou le Mariage de Figaro)」の記載有り。フィガロの結婚って原作はフランスの作品だったんですね…。)。

ともあれ、1784年に発表されたこの戯曲は、当時の民衆の価値観を覆し、フランス革命の契機になったと言われているほど革命的な内容でした。(あまりの過激な内容にフランスでは発禁になり…と、当時の政治的な背景等も調べると、なかなか興味深い作品のようです。国は違えどオーストリアだって王様がいた時代の事です、よくまあモーツァルトはこの作品に目を付けて、オペラ化と上演に成功した物だと思います。)

生みの親ルネ・マルタン氏によって、そのような破天荒で革命的なイメージがあたえられている音楽祭が、この「ラ・フォル・ジュルネ」ということのようです。

さて、私たちのコンサートですが。
そのラ・フォル・ジュルネの本来の趣旨と精神に、かなり沿った内容の物になっていたのでは?と思います。
いろんな意味で、バリバリと型を破ったコンサートができあがりました。

ルネ・マルタンさんにご覧頂けなかったのが、残念です。

P1012531.jpg
本番の様子です。

category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

La Voce コンサートの愉快な仲間達 

 

voce-1.jpg


8月31日に、長岡のリリックホールで開催されるコンサート

La Voce〜ラ・ヴォーチェ〜 鈴木規子と愉快な仲間達 

の練習におじゃましました。

「愉快な仲間達」のタイトル通り、女性ばかりの出演者の皆さんは、和気あいあいの雰囲気。
「みなさん、聞きにいらしてくださいね〜!」と、このノリの良さ。
さすがは歌姫の皆さまです!。

P1080798.jpg
もちろん、練習が始まれば真剣そのもの。
気合い、入っています。
指揮は鈴木先生のお姉様の古川圭子先生。

実は、今回のコンサートに、私もちょっとバイオリンで伴奏に出演させて頂くことになっています。
鈴木規子先生のスタジオの10周年を記念するコンサートに参加させて頂けるのは、ほんとうに嬉しい事です。
歌を引き立てられるように、私も頑張りたいと思います!。

P1080789.jpg
本番は、このリリックホールの大ホール(写真は大ホール入り口のロビー)。

鈴木先生のコンサートは、オペラの世界の方らしく、いつも大道具や照明まで気を配られる総合芸術のステージで、
今回も、どんなコンサートになるのか楽しみです。











category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top