新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

おさらい会が終わりました 

 

2018113017104490e.jpeg

2018年度の おさらい会が無事に終了しました。
今年は長岡での開催でした。
幼稚園児から大人の生徒さんまで、一生懸命に演奏いたしました。

ご来場くださいましたお客様、ありがとうございました。
出演者の皆さんお疲れ様でした。

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

ファゴット 

 

P9200738.jpg

教室に珍しい楽器(の奏者)が登場された時に、写真を撮らせていただくという
「こんな楽器が!!!」シリーズ。

そのシリーズをやっていた事を忘れていたのですが、久々に「これは!」と思う楽器が登場されたので、
復活させることにしました。

今日ご紹介するのは、とても大きな木管楽器、ファゴットです!
(登場してくださった演奏者もたいへんに背の高い方ですが、その方と比べてもこんなに大きい!楽器です)

オーケストラの中では低い音を担当しています。

でも、とっても柔らかく暖かい音なのは、木管楽器の特徴でしょうか。

今日は、バイオリン+ビオラ+ファゴットという異色な組み合わせの三重奏の練習でした。
ファゴットの音も、ビオラの音も和やかで優しくて、秋の日にこういう音を聞けるのは、
練習だけど「幸せ」だなあと思いました。


category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

調律作業中 

 

P6070419.jpg

今日は教室のピアノの調律です。

教室のピアノは、グランドピアノ2台とアップライト1台。
年に一度、二日間かけて調律をしていただきます。

調律師さんは、ピアノの指導者だった私の母の時代からの、長い長いお付き合いで、
ずっと教室のピアノのコンディションを見守ってくださっている方です。

ピアノが専門ではない私にとって、この方に定期的に見ていただいていれば「安心」と思える、
そういう専門家がいてくださるのは、ほんとうにありがたいこと。

熟練の技で私たちの教室の日々の活動を支えてくださっている、音の匠です。

調律作業中の音は、クロマティック(半音)の音階や和音。
曲とはちょっと違う不思議な音が聞こえてくると、なんだか楽しい気持ちになります。


P6070421.jpg
(写真上:グランドピアノ。写真下:アップライトピアノ)

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

おめでとう 

 

201803111120283c5.jpeg

生徒さんより嬉しい大学合格の知らせが届きました。
小学校の時に教室にいらして高校三年まで、10年以上にわたり長く通ってくださった生徒さんです。

希望を胸に新しい世界に羽ばたいて行く人。
音楽の道には進まれませんでしたが、大切なバイオリンをしっかりと携えて行くようです。

今までがそうであったように、これからも、
バイオリンが人生の良い友達としてずっと役立ちますように。


合格といふ知らせあり山笑ふ

お祝いに、こんな俳句を作ってみました。
季語は「山笑ふ」、春の山のようすです。









category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

新年のご挨拶 

 

IMG_4772.jpg

2018年戌年。
今年もよろしくお願い致します。

新潟は、近年にない大雪の年明けとなりました。
寒さはもとより、交通に支障が出たり、何かと大変な大雪ではありますが、
雪国は雪が降ってこそ、その一年に活気が出るものだという話も聞きます。

雪国に育つ私たちも、今、雪の中で一年の新しい芽を育んでいるのかもしれません。

今年も一年、教室の皆様お一人お一人にとって実りのある活動ができますように、
願いを込めて。

遅ればせの新年のご挨拶とさせていただきます。

こどものための音楽の家ハルモニア
高橋育世

IMG_4531.jpg

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top