新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

発表会終わりました♪ 

 

P7286693 (1)


7月28日、教室の発表会が終了しました。

今年度は、バイオリン教室とフルート教室合同での開催でした。

上の写真は、恒例の全員合奏の様子です。

初舞台の生徒さんから、上級の生徒さんまで、
幼稚園の子供さんから、大人まで、
皆さん、精一杯演奏いたしました。

どなたもたくさん練習してきましたが、本番はたった一回です。
いつもよりうまく演奏できた!という方も、いつもできているのに残念!
という方もいらっしゃると思います。

どちらも大切な経験です。

良かった点、もっと良くできそうな点など、発表会で感じたことを生かして、
またレッスンをしていきましょう!

教室の皆さまおつかれさまでした。

暑い中をお集まりくださいましたお客様、ありがとうございました。




P7286823.jpg
市橋先生の講師演奏の様子です。

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

ハルモニア俳句ポスト 春の俳句 

 

IMG_0837.jpg

教室の新しい試みとして設置した「俳句ポスト」の第一回の投稿が集まりました。

当初、果たして投稿してくださる方がいるのかどうか?と思っていたのですが、
文字通り「フタを開けてみれば」、15人くらいもの方が投稿してくださるという、
嬉しい予想外の結果でした。

年齢も、幼稚園から大人まで、
生徒さん以外にも、ご家族の投稿もあり、お一人で何句も作ってくださる方もいて、
たいへんにぎやかな内容となりました。

私は俳句の先生ではありませんので、投稿いただいた俳句に順位のようなものをつける、
という考えは初めから無かったのですが、
結果をみんなで楽しめるような形で発表したいなと考えて、一枚の絵にしてみることにしました。

みなさんの俳句の世界を描いてみたら、優しい春の風景が現れました。


お寄せくださった俳句の中には、季語が入っていなかったり、複数入っていたり、というようなことなど、
俳句としては直したほうがいい点があったりするようです。
しかし、先ずは「俳句を作ってみよう」というチャレンジの気持ちを持ってくださったことを尊重して、
そのままの形で掲載しています。

俳句としての最低限のルールについては、これから機会があれば少しずつ一緒に学びながら、
続けていけたらいいなと思っています。

子どもさん達は「次はいつやるの?」「今度のテーマは何なの?」と、もうすっかりやる気満々です。

次は「夏」の回として、ポストは再登場する予定で準備中です。









category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

音楽と俳句 

 

IMG_0503.jpg

音楽教室ハルモニアでは、この春から、教室に俳句コーナーを設置しました。

俳句はバイオリン教室の高橋の、数年来の趣味です。
幸い、親戚に俳句の先生がいることもあって、
私たちの教室に俳句のコーナーを作って、教室の子どもさんたちと楽しんでみたいなと思っていたのです。

主に子どもの生徒さん向きに作ったものですが、大人の生徒さんも、送り迎えで教室を訪れるご家族も、先生方も、やってみたいと思われたら、是非投稿してください、ということにしました。

俳句と音楽、関係がなさそうだと思われますか?

音楽と言葉には関係があります。

俳句の、5、7、5のリズムの感覚、
そして、私たちを取り巻くさまざまなものをとらえる感性を磨くこと。

それは、音楽の勉強に役立つことだと思います。

また、平成23年から小学校の国語の授業で「俳句を作ること」が取り上げられるようになっているので、俳句に親しんでおくのは、どの子どもさんにとっても意味があることかなと思っています。


第一回目の「お題」は、「春の花いろいろ」ということにしました。

新潟も春爛漫です。
お散歩すると、桜、チューリップ、すみれ、たんぽぽ、モクレン、レンギョウ、沈丁花などなど、たくさんの花を見ることができます。

子どもさんたち、俳句に興味を持ってくださるかな?と、ちょっと心配だったのですが、
予想をはるかに上回る反応の良さで、やりたいやりたい!と、
たくさんの生徒さんが、大張り切りで投稿用紙を持って行ってくださいました。

そして…

IMG_0110.jpg

おおーっ、さっそく投稿してる!\(^o^)/

どんな俳句が集まるのかな。
ワクワクドキドキです。

まあ、あまりめんどうな事は考えないで、
みんなで気楽に楽しんでみましょう!

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

新年のごあいさつ 

 

PC312317.jpg

2019年 あけましておめでとうございます

いつも、どこかから音楽が聞こえている教室も、今は静かに新しい年を迎えています。
今年も、たくさんの美しい音が、この教室から生まれますように。
あたたかな笑顔と、笑い声が満ちますように。

そう願いまして、新年のごあいさつといたします。
今年もよろしくお願いいたします。

高橋育世


category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

教室のクリスマスツリー 

 

PC192145.jpg

新潟教室の玄関に、今年もクリスマスツリーを出しました。

教室が出来てすぐに飾り始めたので、教室とともにすでに20年ほどの歴史を刻んできたツリーです。

当時一番小さい生徒さんだった幼稚園児の女の子から頂いた「先生より大きくないと木じゃない」という素晴らしいアドバイスを参考にして購入したこのツリーは、私より一回り大きいものです。

おかげで、今でも小さい生徒さんたちは「大きいツリーだ!」と喜んでくださいます。
このツリーを見るたびに、良いアドバイスをしてくれたあの女の子を思い出します。

飾り付けは、レッスンにいらした子供の生徒さんたちにちょっとずつやっていただくのが恒例となっています。
幼稚園のお子さんは頑張って背伸びしても真ん中くらいまで、大きい生徒さんはその上の方につけてくださって、子供さんたちの飾り付けのセンスは良く、クリスマスに向けてだんだんツリーが華やかになっていきます。

毎年このツリーを飾ってくださり、やがて大きくなって教室を卒業して行かれた歴代の生徒さんたちの数も、たくさんになりました。その生徒さんたちの姿も、このツリーは思いださせてくれます。

ご家庭のクリスマスツリーは、子供さんが大きくなると役目を終えてしまうこともあると思いますけれど、教室のツリーは毎年子供さんたちに飾っていただけて幸せものです。

PC172138.jpg





category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top