新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

 

 

IMG_5693.jpg

4月3日
新潟市の桜、咲き始めました。
前日まではちらほらだったのが、この日のぽかぽか陽気で一気に咲き進みました。
お昼頃には7〜8分咲きくらいに。

IMG_5689.jpg

とても厳しかった今年の冬。
それなのに、とても早い桜の開花。
幻でも見ているようです。

急激な春の訪れに、まだ、身体も心もついていけていないような感じです。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

梅一輪 

 

P3042685.jpg

白山公園の梅、例年一番早咲きの一本がやっと開き始めました。

P3042686.jpg

P3062778.jpg
公園内の、「雪吊り」が見られるのもあとわずか。今年の大雪ではこの「吊り」がとても役に立ったと思います。

P2282598.jpg
同じ公園の中の、雪吊りをしていなかった松の大木の太い枝がこんな事になっていました。
多分、雪の重みで折れて、その後切られたのでしょう。
今年の豪雪の傷跡です。



お散歩の途中で小鳥(スズメ?)たちの集会に出くわしました。
何をおしゃべりしているのやら、楽しげです。

「春が来るね、春が来るね」と言っているのでしょうか?


category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

ラベンダー収穫 

 

P6292242.jpg
ラベンダーの季節がきました。

庭の一角で、かなり野生的な姿に成長しているうちのラベンダー。
数年前に、小さいポットの一株を植えた時には想像もしなかった巨大な植物に成長しています。
花茎の長さも、長いのは1mくらいありそう。

ラベンダーの収穫は、
雨に濡れると乾きにくくなるので、雨の日は避け、晴れが続いている時が良い。
日に当たると精油成分が蒸発して香りが少なくなるので、朝露が消えてすぐの時間。

ということで、
週末は雨になりそうなのを見越して、今朝から収穫を始めました。

P6292244.jpg
わさわさと茂り、重さで倒れたラベンダーの花の下にラズベリー発見!
今年はラズベリーも豊作のようで、植えてもいないのに庭のあちこちで実をつけています。

P6292248.jpg
ということで、収穫したラベンダーとラズベリー。

P6292250.jpg
とりあえず、干しておきます。

家中ラベンダーの香りです。




category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

草とり会 

 

7月にコンサートでお伺いさせていただくことになっている関川村の「旧斎藤医院つなぐプロジェクト」の皆さんが、「みんなで早起きして草とりをして朝ごはんを食べる」という素敵な「朝はん会」という催しをされていることを知り、私も一緒にやってみる(遠隔参加?)ことにしました。
同時開催のつもりでしたが、残念ながら関川村で開催された昨日は雨だったので、今朝決行しました。

発表会に、コンサートに、とバタバタしているうちにすくすくと成長した庭の草!。
気がつけば、とんでもないことになってます。
この関川村からの「草とり」のお声かけは、まさに「天の声」。私にとっては、ありがたい、絶好のきっかけでした。

P5142132.jpg
作業前。
庭というより、もはや藪。

P5142137.jpg
作業後。
少しは庭の形が見えるようになったかな?。

関川の皆さんは2時間作業をされたようですが、私は先日来怪しい感じになってる腰痛が再発しそうだったので1時間半でリタイヤしました。
大きなポリ袋3つ分の草を取っても、まだまだです。
でも、おかげさまで手をつけられて感謝です。


「雑草という名の植物はない」という言葉を聞いたことがありますが、
ではどんなのが生えていたかと言いますと。。。
P5142135.jpg

左から、スズメノカタビラ、タチイヌノフグリ、セダムの仲間?、ツメクサ、コメツブツメクサ。


P5142133.jpg
左から、イヌムギ、マツヨイグサ、ヒメジョオン、カラスノエンドウ、ハコベ、ヤエムグラ、オオアレチノギク?。


P5142136.jpg
左から、コバンソウ、ノゲシ。

こんな感じで、小さな庭にもずいぶんたくさんの植物が生えていました。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

モッコウバラ 

 

IMG_1212.jpg
モッコウバラが開き始めました。
まずは、二階の窓際から。

モッコウバラの勢いは凄まじくて、
どこまでもどこまでも伸びていきます。
二階の窓の外に顔を出した枝は、いったい下から何メートル伸びているのでしょうか?。

そんなモンスターのようなモッコウバラですが、花はとても可愛らしく、
儚げな感じです。
優しい黄色も、春から初夏への移り変わりのこの時期によく似合います。

この季節とともに、好きな花だけに、
制御しきれない繁茂ぶりは、悩みの種でもあります。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top