新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

夕焼けの色 

 

20180728122104930.jpeg

台風が日本列島に近付いている27日の夕焼け。
鮮やかな色です。写真の加工はしていません。

通常と違うコースを辿るという今回の台風。
被害が出ないことを祈ります。

長岡はあと数日で長岡まつりの花火大会で、
その空模様も心配なところ。

上の写真の真ん中辺の空に、花火があがります。



category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

京都らしいもの 

 

P6170525.jpg

いかにも京都らしい!
という風景を並べてみようと思います。

上の写真は、東本願寺と京都タワー。
こうやって並べてみると、京都タワーはロウソクのように見えて、意外にお寺に馴染んでいるようです。


P6180728.jpg

鴨川のほとり。
夏限定のバルコニーみたいな「床」が作られています。
現物を見るのは初めて。

P6180654.jpg

六角堂。聖徳太子にゆかりのある古い寺院で、花道の「池坊」の本拠地でもあります。
街の真ん中にありますが境内は静かで、ここだけ別天地のような不思議な空間。

P6180719.jpg

下鴨神社。
赤い柱と白砂。神社は色が鮮やかです。
この季節は下からの紫外線の照り返しがきつい!


P6190760.jpg

妙心寺 東林院の「沙羅の庭」。禅寺のお庭です。
沙羅の花(日本では夏椿を沙羅と呼ぶそう)が一面に散っていました。
京都といえば、お庭、という見所もあります。



category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

水無月 

 


年中行事の法事で京都へ行ってきました。

例年ですと初冬に行くのですけれど、今年は珍しく6月に行くことになりました。
夏の京都は初めてです。

暑いと噂に聞いていた京都の夏なので、
今回の旅は、せめて涼しそうに、京都の「水」に注目してみました。

P6170516.jpg
街の中を流れる高瀬川。水辺の暮らし。

P6170535.jpg
市比賣神社、霊泉「天之真名井」

P6170544.jpg
この季節のお菓子「水無月」

P6180625.jpg
六角堂。ハクチョウの親子。

P6180688.jpg
鴨川デルタの飛び石。

P6180699.jpg
下鴨神社、糺ノ森を流れる清流。

P6180723.jpg
下鴨神社の茶店でいただいた冷たいお茶。葵の模様。

P6190828.jpg
お寺の庭の睡蓮鉢。

京都は街の下を地下水脈が流れ、水が豊富なところなんだそうです。
こんな大きな街で美味しい水が飲めるって、素晴らしいなと思います。

P6180577.jpg
京都の水でコーヒーを入れてみました。
もちろん良いお味でした。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

調律作業中 

 

P6070419.jpg

今日は教室のピアノの調律です。

教室のピアノは、グランドピアノ2台とアップライト1台。
年に一度、二日間かけて調律をしていただきます。

調律師さんは、ピアノの指導者だった私の母の時代からの、長い長いお付き合いで、
ずっと教室のピアノのコンディションを見守ってくださっている方です。

ピアノが専門ではない私にとって、この方に定期的に見ていただいていれば「安心」と思える、
そういう専門家がいてくださるのは、ほんとうにありがたいこと。

熟練の技で私たちの教室の日々の活動を支えてくださっている、音の匠です。

調律作業中の音は、クロマティック(半音)の音階や和音。
曲とはちょっと違う不思議な音が聞こえてくると、なんだか楽しい気持ちになります。


P6070421.jpg
(写真上:グランドピアノ。写真下:アップライトピアノ)

category: 音楽教室ハルモニア

tb: --   cm: --

△top

トワイライト越後平野 

 

IMG_6216.jpg
新幹線の車窓から見た、夕暮れの越後平野です。

今、田んぼの稲は夏に向けてすくすくと育っています。
昼間見ると、うっすらと緑色に覆われてきた水田、
しかし夕暮れ時は、水面に夕日が映って、まだ一面の湖のように見えます。

IMG_6211.jpg

category: 新潟長岡のこと

tb: --   cm: --

△top