新潟バイオリン教室日記*ハルモニア雑記帳*

新潟と長岡の音楽教室『こどものための音楽の家ハルモニア』の日々のあれこれ

庭からこんにちわ 

 

CDDF65AC-7EFD-48B4-B724-CE97CCD078D7.jpeg

今年は庭の一角に小さい畑を作って、いろんな野菜を少しずつ作っています。
夏至に向かってすくすくと育った野菜は、その後長い梅雨を少しくたびれながらも乗り越えて、
梅雨明けとともにまた元気を取り戻し始めたようです。

これは今朝の庭からの収穫。

ごぼうと人参の間引き菜、ミニトマト、ししとう、大きくなりすぎた二十日大根、取り忘れのモロッコいんげん。

八百屋さんの品物にはなれなそうな、訳あり個性派の面々ですが、
自分の畑でできたものですから、工夫してたいせつにいただきます。

元気をもらえそうな気がします。

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

梅雨明け 

 

541A16B8-D1B4-4479-B151-C64F1927F385.jpeg

昨日8月2日、新潟県が梅雨明けしたそうです。
例年より9日遅い梅雨明けとか。

梅雨が明けたとなれば、待ってました!と、真っ先にやりたいのは梅の土用干し!
朝いちばんにさっと竹のざるに並べて、太陽の下へ。

長い梅雨でカビが生えるのではないかとヒヤヒヤしていましたが、
一旦日に当ててしまえばもう安心です。

今年は紫蘇を入れてからの漬け込み時間も長かったので、既にかなりいい色になっています。
日にあてれば、さらに鮮やかさが増して、良い梅干しになりそうです。

昨日今日は、例年ならば長岡花火の日。今年は中止で寂しい限りです。
その他にも、オリンピックの時期を外して8月の末に開催予定だった新潟まつりも中止。
私が毎年楽しみにしている(テレビで中継を見るのを楽しみにしているのですが)、京都の祇園祭や五山の送り火も例年のようには行われず。

季節の風物詩として親しんできた行事の中止は、季節感を奪って、
今まで経験したことのない1年が進んで行きます。

せめて日々の暮らしの中での季節感は大切にしたいと思う今年です。
梅干しをつけてみたのも、そんな気持ちあってのこと。




category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

大切な布で 

 

4F1795C4-D79B-4A7B-9DE5-70099A42E4EA.jpeg

気に入った布を一枚買うと、

まず服を作って、

今年はその残り布の端切れを活用して、マスクを作り、

その残りで、サシェ(匂い袋、ラベンダーを詰めます)を作り、

その残りの、最後の最後のちょっぴりの布は、
細く切って裂き織りに。

最後に捨てるのは、ほんのちょっとの糸くずのみ。

これは、明治生まれの祖母から受け継いだ「もったいない精神」かも。
いつも手仕事を近くに置いて、時間があれば手を休めずに何か編んだり縫ったりしていた祖母の姿を思い出します。

祖母が縫った袋などがまだ残っていますが、
有り合わせの布で作ってあって、型紙があったわけでもなく、勘だけで作っていたのに、
手縫いの針目が揃った、思いの外きちんとした仕上がりです。


category: アートいろいろ

tb: --   cm: --

△top

お気に入りの場所 

 

62E7479B-9DC4-4C29-A52C-620B5A285310.jpeg

ベランダ菜園の新しい住人、体調1センチ位のチビカマキリです。

この場所がよほど気にいっているらしく、すでに三日間ぐらい、ずっとここにいて、
小さいながら油断のないポーズをとっているのを、
私は毎日楽しく観察しています。

上の写真は昨日のもの、

そして今日、変化が!

D7D1069D-6B03-4171-BBAA-D2CC57D7BE96.jpeg

じゃがいもの花が咲きました!

いつもの場所から、カマキリは少し移動(笑)
あれ、昨日よりちょっと大きくなってる⁉︎

カマキリが現れてから、野菜について困っていたアブラムシや青虫など見かけなくなりました。
ベランダ菜園の、頼もしい仲間。
これからも仲良くやっていこうと思っています。

category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top

ラベンダーは青く輝く 

 

P6231363.jpg

教室の庭にラベンダーが咲く季節になりました。

ラベンダーは、すっと伸びた印象的な姿、花の青紫と茎のグリーンの色、爽やかな香り、
この花が開く夏至の頃の夕暮れの独特な神秘的な感じとピッタリの、
素敵なハーブです。

ハーブですから、効能もあります。
ラベンダーに含まれる香りの成分には、精神を安定させる鎮静作用や、
痛みを和らげる鎮痛作用があるんだそうです。

P6241381.jpg

今年は、この花がとてもたくさん咲きました。

昨年はこんなに咲かなかったのですが、今年は豊作。
みんなの心が疲れ気味な今年に、こんなに一杯に咲いてくれたのも、何だかこのハーブの持っている優しさのような気がします。

P6251399.jpg

咲いた花は、梅雨の雨に当たると劣化してしまいます。
なので、晴れの日の続く時を選んで、今日まで3日間。充分収穫できました。

ラベンダーの花の収穫は、梅雨の季節に風通しを良くしてラベンダーの木を守る意味もあります。
下の方の込み合っているところを中心にこれだけ刈っても、まだ花を見られるくらいは残っていて、
それは働き者の蜂たちの取り分。

P6231358.jpg


子どもの生徒さんたちは、ラベンダースティック作りに挑戦です。
リボンの色を選んだり、作り方にも個性が出ます。

P6231362.jpg

P6231364.jpg

できました。
生徒さんの作った、マイラベンダースティック。
あるいは、魔法の杖。

笑顔になる魔法。
確かに効き目があるみたいです。

自分で作ったのは、
やっぱり特別に素敵!ですよね。


category: 季節のしおり

tb: --   cm: --

△top